知っておきたい出版物のこと|自費出版から就職まで様々な冊子を制作

印刷

関わりが深い

印刷

誰にでも、好きな本やコミック単行本、雑誌などはあるのではないでしょうか。本屋さんに通うのが好きな人なら、それこそたくさんの本や雑誌、コミック単行本を手にするかと思われます。これらの出版物は、日常生活に深く関わってくるものです。しかし、そんな出版物についてよく知らない、という人もまた多いもの。

出版物の歴史はかなり古く、印刷技術の発展や歴史とも深い関わりを持っています。それまで、出版物はさまざまな変化を経て現代に至っているのです。出版物の歴史は、古代までさかのぼります。中国で紙が発明されるまで、出版物として機能していたのは古くは石版、木簡や竹簡と呼ばれるものでした。そこで大量の文字が書かれている紙をコンパクトに扱えるような工夫がなされ、巻物や、折りたたんだもの、そして重ねて折り曲げたものなどが発明されていき、現在の一般的な出版物に見られる形に近いものが出来上がっていきました。

また、出版物と深い関わりがある「紙」が、中国からシルクロードを通してヨーロッパへと伝わり、ヨーロッパの印刷物・出版物の歴史も変わっていきました。中世頃には、活字印刷の技術も本格的に発明されて大量印刷・大量生産が可能になり、出版物は急速に発展していくことになりました。写本から印刷本へと変化を遂げたことにより、それまでの聖書の値段が1/100になったともいわれています。
普段から何気なく目にしたり読んだりしている出版物には、古い歴史があるのです。

仕事にする

印刷

本や印刷物に興味がある、という人は、出版業界へと就職を希望しているという人も多いものです。そこで、出版業界での主な仕事内容や業種などについて詳しく紹介していきます。

Read More >>

自費出版を知ろう

カラー見本

本を自分で出してみたい、という人は、一度「自費出版」と呼ばれるサービスを利用してみるのもひとつの手です。この自費出版の種類や必要な費用相場を、おおまかに紹介していきます。

Read More >>

本ができるまで

カラーチャート

出版物ができるまでの流れには、多くの人の手が入るものです。さまざまな職種の人々がそれぞれの専門技術を活かして出版物を作り上げていき、店頭販売にまでこぎつけていくのです。

Read More >>

リンク

  • YOSHIZAWAInc.

    理容師の求人を東京で見つけたい人は必見!多くの人が利用している理由は、低コスト高パフォーマンスにありますよ。依頼する価値がありますね。