知っておきたい出版物のこと|自費出版から就職まで様々な冊子を制作

色見本

自費出版を知ろう

カラー見本

最近になってから、各出版社が自費出版というサービスを行うようになってきています。「自費出版」とは、その名の通り執筆から編集、印刷、店頭販売まですべての過程を個人または協力するチーム内で済ませるスタイルの出版方法です。その自費出版にも種類があり、その種類によって出版費用は変わってきます。

まず、自費出版のひとつに「個人出版」と呼ばれるものがあります。個人出版は、その名の通り執筆から販売まですべての過程を個人の費用で行い、全責任を自分で負って出版物を発行するスタイルです。アイディアだけの何もない状態から、それ以降の作業をすべて自費出版専門の業者に依頼して出版物を制作することもできます。さらに、執筆・編集を始め、それ以降の印刷や店頭販売などの流れを全て自分で行い、費用を最小限に抑えることもできます。数ページの小冊子などでもない限り、出版物の販売までには多大な労力が必要となります。業者の力も上手く借りて、適度に費用を使ったほうが流通に載せることができます。

自費出版のうちには、「協力出版」と呼ばれるものもあります。この協力出版とは、各出版会社で行われている持込や投稿などに寄せられた原稿に対し、「クォリティは認められるが、採算が合わない」とされた原稿にたいしてのアプローチです。一定のクオリティがある原稿にたいし、初版にかかる諸々の費用を著者本人に出してもらうことで、本を流通させます。