知っておきたい出版物のこと|自費出版から就職まで様々な冊子を制作

色見本

本ができるまで

カラーチャート

出版物ができるまでの流れは、以外にも知られていないものです。出版物ができるまでの過程には、作家やライターなどはもちろん、編集者、ディレクター、DTPオペレーターやイラストレーター、カメラマンなどさまざまな職種の人々の共同作業となります。

出版社ができるまでの流れは、まず企画が最初に入ってきます。企画には出版物の全体像や読者へのリサーチなど、下地づくりとしての段階でもあります。売れる出版物、受けの良さそうな出版物などの企画を練っていき、執筆や取材、撮影といった段階に入っていきます。作家やライターなどに執筆依頼をする際は、その企画内容のジャンルに造詣が深い人、専門知識が豊富な人などが抜擢されます。その企画内容にもよりますが、どこで取材をするかという取材先の選定、カメラマンやデザイナーなどのセレクトもこの時行われます。ここでライターや執筆者と企画内容や方針を入念に打ち合わせして、いよいよ執筆が始まります。

執筆者から執筆原稿が届いたら、編集や校正などを行います。必要があれば加筆修正の依頼を執筆者に改めて依頼し、単語の表記揺れがないかなどといった点もチェックしていきます。難しい感じには、必要に応じてルビなどを振ったりします。台割や割付の作成も、このタイミングで行っていきます。原稿が完成すれば、テキストの流し込みやレイアウト、フォントなどの点に手を加えるDTP作業に入っていきます。その後、細かい校正や修正を経てようやく印刷・製本という流れになります。