知っておきたい出版物のこと|自費出版から就職まで様々な冊子を制作

色見本

仕事にする

印刷

本やコミック単行本、雑誌などなど、日常生活に密接に関わってくる出版物には、さまざまなものがあります。そういった出版物に関わる仕事がしたい、印刷に関わる仕事がしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。印刷会社や出版会社では、他の業界と同じくいつでも求人がでています。そして、これも他の業界と同じく、出版業界にはさまざまな業種があります。印刷物・出版物に多く関わってくるであろうDTPオペレーターやデザイナー、ディレクターや編集者といった職種はもちろん、営業などの職種もあります。

しかし、出版業界ならではの仕事ももちろんあります。代表的なのは出版物の制作・校正、校閲、編集などです。特に編集者は、デザイナーやライター、作家などの人達と二人三脚で出版物を作り上げていく必要があります。その点について考えていくと、出版業界は周りから思われているよりもチームワークが大事な業界なのです。出版物・印刷物に関わりたいという情熱がある人はもちろん、スケジュールの段取りが上手く企画力に自信がある人、チームワークで仕事をこなすことが得意な人などが出版業界への就職に向いているといえるでしょう。

出版業界においての仕事の流れは、おおまかにいうと次のようなものになります。まず、出版物の企画が立ち上がります。編集会議やコンセプトの考案会議などを経て、出版物の全体的な方向を決めていく段階です。そこから執筆や取材、撮影など出版物本体の制作を経て、編集、校正、入稿、印刷へと移っていきます。